リンク集
ネットで女性と出会う1番簡単な方法!

2010年12月26日

口なし言葉なしで女を落とせたテクニック




振られるのが怖いですか?告白しても振られないようなテクニック教えます。

詳細はこちら


心が通じ合えばそれで恋は成立する、と言うけれど
やっぱり「付き合ってほしい」という言葉は大切です。



この「付き合ってほしい」という言葉にはどんな
秘密が隠されているのでしょう。




■約束

恋愛において『片思い』『両思い』『付き合っている』
というのは、それぞれ違う状態を指します。



『片思い』は片方が好きという状態。

『両思い』は両方が好きという状態。

『付き合っている』はお互いが付き合っている


と認識している状態です。




一見、『両思い』と『付き合っている』は同じように
見えますが、全然違う状態を指すのです。


なぜなら、『付き合っている』という状態は、一種の
「約束」がお互いの間に成立しているからです。


『付き合っている』状態ではお互いが「付き合いましょう」
「そうしましょう」という約束が(時には暗示的に)なされています。



この『約束』の存在によって、相手に対する信頼が生まれていきます。




■信頼と態度

人間関係、恋愛関係において信頼というものは、
なかなか作りづらいものとなっています。


「僕はこういう気持ちだ」「私はこういう気持ちだ」と
相手に伝えても「それは変化しうる」ということが、
相手はわかっているからです。



しかし、「気持ちの変化は(当面)起こりません」ということを
相手に伝えると、相手は「そうか、大丈夫かも」
と思うようになります。



「付き合いましょう」と言うことは
「アナタのことを好きな状態のままいます」
「アナタのことを大切にします」と伝えることに他なりません。



その約束を行うことによって、相手から信頼を
得ることができるのです。



なし崩し的に付き合うよりも、付き合うという宣言を
した方が『信頼』が生まれやすいのも
この約束の理屈が働くためです。



シャイな男性にとっては「付き合おう」ということは
恥ずかしいかもしれませんが、この言葉をきちんと
いうほうが女性は安心するするのです。



そして、この言葉を言うほうが
「結婚」などにも早くつながるのです。



だから、付き合おうというように女性に
告白をするということはとっても大事なんです。


でも告白して振られるのは嫌ですよね?

そこで、告白しても振られないようなテクニックを
あなたに伝授します。
その方法はこちらからご覧下さい。
↓ ↓ ↓ ↓
詳細はこちら

posted by きゅんたろー at 18:44| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。